村上豊彦の平凡日記

猫が好きな大学生である村上豊彦の日常生活

私、村上豊彦は猫が好きな大学生です。
週に何日かは、近くのカフェでアルバイトをしています。
私がそのカフェでのアルバイトを決めたのは、マスターの入れるコーヒーが美味しい事と、看板犬ならぬ看板猫がいる事です。
いつもお店の隅にある本棚の上で、丸くなってカフェの店内を見ている看板猫は常連客からかなり人気があります。
マスターのいれたコーヒーを飲むために、わざわざ遠くからいらっしゃるお客様も多いので、働きがいがあります。
私はもともとコーヒーが好きだったのですが、アルバイトをするようになってさらに魅力を感じています。
豆の種類や産地による違いを、自分なりにノートにまとめて覚えてます。
大学受験の時の勉強法が、アルバイトでも役にたっています。
大学生活をおくっていて感じる事は、受験勉強の時の経験はその後も、役にたつという事です。
もちろん、勉強したい専門の学科があるので私、村上豊彦は充実した学生生活をおくっています。

友達と同じくらい猫と遊ぶのが好きな大学生の村上豊彦

友達と出かけるのも好きですが、猫とじゃれる時間がもっと好きな大学生の、私は村上豊彦です。
大学の友達とご飯を食べに行ったり、洋服などを買い物に行くのも好きですが、アルバイト先の猫と遊ぶのはもっと楽しいです。
仕事の休憩時間になると、つい猫じゃらしで遊んでしまいます。
子供の頃から、常に私の実家には猫がいます。
私の母が、捨てられた子猫を見かねて保護する事が多いからです。
今まで、何匹の子猫を保護したかわからないくらいです。
私の父は、あまり猫が好きではないのですが、母が説得して飼っています。
僕は読書が好きなのですが、作品の中に猫が登場するものを選びがちです。
特に、海外のミステリー小説には猫がよく出てくるので好んで読んでいます。
最近は、買ったばかりのデジカメでアルバイト先の猫の写真を撮って、お店に飾ってもらう事が増えています。
常連さんからも評判が良いので嬉しいです。
私、村上豊彦がいかに猫が好きか、解っていただけると嬉しいです。